CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
あけましておめでとうございます!

 

あけましておめでとうございます!

 

令和二年、2020年が始まりましたね。

今年は東京でオリンピック、パラリンピックが開催される年、

何か新しく躍動するような感じがします。

 

子どもたちにとっては、海外からトップアスリートが来日し、

また、それを応援するたくさんの人が東京に集まるので、

とても強烈な思い出になるかもしれませんね!

 

東京オリンピックのキャラクター、男の子のミライトワと

女の子のソメイティが、子どもたちに大人気だそうです。

楽しみですね。

 

さて、お正月といえば、おせち料理、お年玉、初もうで、などなど。

それぞれのおうちの過ごし方があると思いますが、

それぞれの国でもそれぞれのお祝いがありますね。

お正月は年神様をお迎えして一つ歳を取る、新しい年が始まる、

ということを厳かに静かに過ごすのは日本らしいお祝いですね。

 

どこの国でも、それぞれの行事に願いを込めていますから、

どの国でも、お祝いは大切なもの。

これからの子供たちは国際化がどんどん進む社会で

生きていくと思いますが、お互いに尊重しあえる関係になるには、

自分たちの文化や風習をより知っておくと、違う国の文化や風習も

大切にしようと思えるようになるかなと思いました。

そういう意味でも、子どもたちにこそ、日本人としての

アイデンティティは大事だなと思います。

 

そういう未来の社会、世界に、子どもたちが生きることができるように

なるといいなと思います!

 

今年も明るく平和な年になりますように。

 

そして、楽しいお正月をお過ごしください。

 

| 先生たちからのメッセージ | 23:47 | - | - | - | - |
12月はクリスマスアートパーティー

 

2019年ももう少しで終わり、一年のしめくくりは、アトリエのクリスマスアートパーティです。

 

「今日は2つクリスマスのアートを作るよ。それから自由アートね」

「はあい」

 

みんな自分の好きな自由アートをする前に、お約束を守ります。

最初はママにプレゼントの飛び出すクリスマスツリーです。

クリスマスツリーには綺麗な飾りをつけたり、おそらに星をつけたり、月や雲を描いてみました。

かわいいクリスマスカードが完成しました。

 

 

 

 

もうひとつは、手がバタバタと動くサンタクロースさんです。

でもみんな手がバタバタ動くので、「鳥にしちゃおう。しかもこわーい鳥」だって。

 

 

想像力が無限に広がります。

大人が「このように作ると可愛いよ」というアドバイスも、ちびっこアーティストにとってはそこに留まらないで、自由な発想がふくらんでいきます。

アトリエはこの自由な発想をとても大事にしています。

 

Tくんは1年前は、作れないから作って!と言っていたのに

今日は、りっぱな工作を自分で作り上げました。

年長のTくんも1年前は、自分の作品に自信がなかった時もありますが、今では一番アトリエを楽しみに来てくれます。

自分だけでなく、周りに気を配り、みんなのアトリエの時間を大切にしています。

Eくんは素直にまっすぐと成長しています。

作品もいつもほんわかしています。

体験に来てくれたAちゃんは、しっかりと自分の好きなものを完成させて満足そうでした。

 

 

遊んで遊んでたくさん遊んで、子どもたちは少しずつ成長します。

何も成長していないと思っていても昨年と今年の違いは大きいのです。

体も心も。。。

 

来年もたくさん遊びましょう。

よいお年をお迎えください。

 

| アトリエの様子 | 18:01 | - | - | - | - |
アトリエのハロウイン

 

10月31日は、お待ちかねハロウィンですね。

 

最近は仮装で盛り上がるパーティのイメージですが、

もともとは、11月1日が新年とされている古代ケルト民族の

大みそかの10月31日に、

ご先祖様の霊が家族のもとに訪れる時、

悪霊も一緒に来てしまうので、

悪霊も払うために驚かす

仮装であったと言われているそうです。

ハロウィンといえば、「かぼちゃ」ですね。

どうしてかぼちゃなのでしょう。

かぼちゃのランタンを飾るのは、魔除けの意味があります。

愛嬌のあるかぼちゃの顔ですが、

実は悪霊を驚かす魔除けとして重要なのだそうです。

 

今日のアトリエは、ハロウィンのグッズを作りました。

まずは、かぼちゃのお面です。

「かぼちゃのお面を作ろうよ」

「わーい お面だ!」

子どもたちの発想は、

オレンジ色のかぼちゃに留まることなく、

いつのまにか、こわーいお面を作りたくなります。

どんな怖いお面を作ろうかな

 

「傷をつけちゃお」

「そうだ!海賊にしちゃおう!」

「牙もキラキラのシールで貼るんだ」

「海賊の帽子をかぶせる!」

「ひげもつけちゃう」

など、

あっというまに自分だけの怖いかぼちゃのお面ができました。

強い海賊は人気があるのかな。

 

「海賊が持つ剣も作りたい!」

「ラップの芯にキラキラシールを貼る!」

アトリエの魔法の袋には、たくさんの素材の材料があります。

目をキラキラさせて魔法の袋から、

自分で作りたい素材を取り出して

楽しそうにお話をしながら完成させました。

 

 

 

 

 

次に作るのは、アトリエ名物「魔女の手」です。

この季節に作る魔女の手は、ビニールの透明な手袋に、

お菓子を詰めます。

指先の爪は、魔女のように赤く塗るはずが・・・

「青がいい!とか黒がいい!」

なんて、面白い魔女の手ができました。

少しずつお菓子を手袋に入れないと、こぼれちゃうね。

ゆっくり慎重にお菓子を入れましょう。

5本指にもお菓子が入りました。

パンパンにお菓子が詰まったら、輪ゴムで結んで出来上がり!

とっても簡単ですが子どもたちには大人気です。

少し怖い魔女の手に入っているお菓子をほおばりながら、

ハロウィン気分を味わえたね。

 

 

 

 

アトリエで大事にしている自主性は、

素材を与えて完成品を作るのではなく自分で考えて創造して、

魔法の袋からいろいろな素材を探すことから芽生えます。

 

 

| アトリエの様子 | 13:50 | - | - | - | - |
メルマガ配信しました

 

メルマガを配信しました。

 

https://www.mag2.com/m/0001676189.html

 

 

 

| メルマガ | 15:04 | - | - | - | - |
6月のアトリエ

 

6月のアトリエでも、いろいろ作りました。

 

まずは、暑中見舞い!

 

ママと一緒に書きました。

 

梅雨が明けたら暑くなりますね。

 

こんな絵手紙をもらったら暑さもふっとぶかな?

 

 

 

こちらは自由アート。

 

自分の剣を作ったり、空き箱で想像力をふくらませて作りました。

 

闘ったり、音をならしたり、

 

工夫してイメージを形にしていく過程が、楽しいね!

 

 

 

 

 

| アトリエの様子 | 10:23 | - | - | - | - |
親子の梅雨の過ごし方ー5

 

梅雨の過ごし方シリーズも、続いていますよ〜。

 

今度は、おうちで作る工作です。

 

おもちゃを作っちゃおう!

 

そういう企画です。^^

 

自分で作ったおもちゃは、上手でなくても立派でなくても、

 

なんだか嬉しくて、愛着がわくもの。

 

そういう気持ちを子供のときに味わってもらいたいなぁ、

 

と思います。

 

そこで今回は、とってもカンタンな手作り楽器です。

 

 

前にアトリエで作ったものには、ギロ、太鼓、カスタネット、

 

ギター、マラカス、などがあります。

 

こちらはギロの写真です。

 

 

 

段ボールや画用紙に、つまようじを貼り付けました。

 

ボンドをどばーっと台紙の上に出して、そこに1本ずつ置いていきます。

 

かんたんです。

 

両端は、危なくないようにテープで留めます。

 

わりばしで、こすってみてください。

 

けっこう、おもしろい音が出ますよ!

 

 

ギロの奥に見えているのは、缶詰で作った太鼓。

 

缶詰のふたを取って、そこに厚めのビニールテープを張り付けます。

 

こちらもこれだけです。

 

でも、スティックで叩くと、それなりにいい音がしますよ♪

 

缶の部分には、テープやシールを貼れば、かわいく仕上がります。

 

 

さて、こちらはギター。

 

 

 

空き箱に穴をあけて、糸を張って、できあがり。

 

手で持つところには、それらしく、ペットボトルのふたをはりつけました。

 

ポロンポロン、と、爪弾いてみてください。

 

ギターを弾く真似だけでも楽しい。

 

 

どれも、おうちにある材料で、かんたんにできるものばかりです。

 

いつもなら捨ててしまう廃材も、捨てればゴミ、

 

ちょっと工夫すれば、おもちゃになる!

 

その一工夫が楽しいですね。

 

 

| 季節の過ごし方 | 14:36 | - | - | - | - |
親子の梅雨の過ごし方ー4

 

雨のときおうちでどう遊ぶか?!というテーマが続いていますが、

 

少し視点を変えて、一緒に家事を楽しむのはいかがでしょう?

 

大好きなご飯のお手伝いなら、盛り上がるかも。

 

お料理は、男の子も女の子も楽しいようです。

 

 

 

 

 

 

たとえば、ハンバーグはどうでしょう?

 

お肉など、材料をボールに入れて、混ぜて、丸めて・・・

 

焼くところはお母さんにお任せするとして、

 

一緒にワイワイと準備できます。

 

混ぜるとき、感触がおもしろくて、ついふざけてしまうようなら、

 

それもチャンス。

 

食べ物は大事なご飯になるものだから、ていねいに扱おうね、

 

と、お話しできます。

 

もしハンバーグを作るなら、おからを入れるのがおすすめです。

 

おからは、食物繊維、タンパク質、炭水化物、カリウム、と、

 

栄養の宝庫!

 

成長している小さな体には、ピッタリの食材です。

 

食材のお話しもできますね。

 

おからはお豆腐を作るときにできるんだよ、栄養いっぱいだよ、

 

なんて、食材にも興味を持ってもらえるかも??

 

一緒に用意したご飯は、格別においしい!

 

日々の家事も、親子一緒に楽しくなるといいですね。

 

 

 

| 季節の過ごし方 | 14:46 | - | - | - | - |
親子の梅雨の過ごし方ー3

 

こんにちは。

 

今朝の東京は、ちょっとだけ晴れ間が観えています。^^

 

日光があると、やはり気持ちが明るくなりますね!

 

さて、梅雨の過ごし方について最近書いていますが、

 

雨の毎日どうやって子どもを遊ばせようか、と考えこんでしまうと、

 

だんだん頭が重くなってきてしまうかもしれません。^^;

 

なので、大人も童心にかえって、一緒に楽しんでしまいましょう。

 

たとえば、リズムステップ。

 

好きな音楽に合わせて、体を動かすだけ。

 

ボックスステップを繰り返したり、両手を広げたり閉じたり、

 

体操っぽく自由に動いてみる。

 

 

 

たったそれだけですが、じつはこの動き、大人の体のほうが

 

効果が出るかもしれません・・・!

 

子どもたちは、いつも体が動いていて、また身体が柔らかいので、

 

ピョンピョン動きますが、大人の生活ではそうはいきません。

 

やることがたくさんあって、体操している暇はない、というのが

 

日常ですよね。

 

頭をからっぽにして、のびのびと体を自由に動かす楽しさを、

 

親子でおうちでも楽しんでみてください。

 

ただ、マンションの場合は、階下への足音には気を付けてくださいね〜。

 

 

 

| 季節の過ごし方 | 09:59 | - | - | - | - |
親子の梅雨の過ごし方ー2

 

今日も東京は雨です。

 

梅雨らしく、しとしと、と降っていた雨が、午後には、ざーざーと降ってきました。

 

さて、こんなとき、おうちでどう遊ぶか?!

 

おうちにいることがストレスにならないように、遊ぶものを作ってみませんか。

 

 

今回は、果物をちょっと違う視点で扱ってみます。

 

こちらはスイカ。

 

 

 

 

作り方はカンタンです。

 

プラスチックの麺カップに緑色の折り紙を貼り、

 

赤い折り紙を貼ってマジックで種を描きました。

 

果物の断面図です。^^

 

スイカでなくても、レモン、オレンジ、キウイ、なんでも作れます。

 

二つ作って、断面図で合わせて置けば、果物の形になります。

 

トンと上から叩いたら、割れた!

 

スイカで遊べば、おうちでスイカ割ができますよ〜。

 

おもちゃの包丁で上から切れば、台所ごっこになります。

 

このごっこ遊び、子どもの想像力がむくむくと沸き起こります。

 

段ボールでまな板も作れます。

 

画用紙を切ってお皿も作れます。

 

自分で作ったおもちゃは、愛着がわきます。

 

上手下手は関係なし。

 

楽しい!と思える時間が、何より大事です。^^

 

 

| 季節の過ごし方 | 14:56 | - | - | - | - |
親子の梅雨の過ごし方

 

梅雨入りして、しばらく曇り雨が続きそうですね。

 

こういう季節は、おうちでどう過ごすか?!

 

遊びのネタを考えるため、アイディアを絞り出す感じですよね。

 

今までにアトリエで作ったものは、おうちの中で遊べるものも多いです。

 

これからいろいろとご紹介したいと思います!

 

 

まずは、おうちでの過ごし方の定番といえば、絵本ですね。^^

 

一緒に読む時間は、けっこう楽しいもの。

 

 

 

 

 

2〜3歳の時期、絵本を暗記してすらすら話し始める子もいます。

 

絵本のお話しが、歌のように聞こえて、音楽のように覚えるのかもしれません。

 

そういうとき、うちの子、天才!?って思いたくなりますね。^^

 

ひらがなを覚える練習にもなります。

 

「あ」の字はどれだろう?

 

と、探しながら絵本を観るのもいいですよ。

 

絵に夢中になる子は、絵本と同じ絵を描いてみるといいですね。

 

一生懸命にまねして描いた絵は、よくがんばったね〜、とたくさんほめてあげましょう。^^

 

絵の中で、何かを探すクイズのように使ってもいいと思います。

 

おさるさんの絵はどれ?

 

うしさんはどれ?

 

動物の名前を憶えていくことができます。

 

でもきっと、一番楽しい時間は、ママパパ、おばあちゃんおじいちゃんに

 

絵本を読んでもらうときかな?

 

 

 

 

 

読み聞かせは、いくつになっても、良い効果があるのだそうです。

 

子どもは、自分の読める字以外は、読めなくていやになりますが、

 

大人に読んでもらうと、とても興味がわくようです。

 

このストーリーは年齢よりちょっとむずかしいかな、という本も、

 

大人に読んでもらうことで、こういう本があるのか、と思えるそうです。

 

なにより、親子のコミュニケーションの時間は、

 

こどもにとっても一番、ほっとするとき。

 

外が雨のときは、しっとりと静かな時間も楽しんでみてください。^^

 

 

| 季節の過ごし方 | 18:27 | - | - | - | - |
| 1/34PAGES | >>